ホーム » 出版部会 » 設計工学 目次 » 学会誌『設計工学』 Vol.57,No.9 2022
特集: セットベース設計手法による製品開発Ⅱ

株式会社アルトナー ロゴ

2022年学会誌表紙

事務局 Office

〒169-0073
東京都新宿区百人町2-22-17
セラミックスビル内

2-22-17 Ceramics Building, Hyakunincho, Shinjuku-ku, Tokyo, 169-0073

E-mail: jimukyoku@jsde.or.jp
Tel: 03-5348-6301
Fax: 03-5348-6280


English ←→ 日本語

学会誌『設計工学』 Vol.57,No.9 2022
特集: セットベース設計手法による製品開発Ⅱ

特集: セットベース設計手法による製品開発Ⅱ
Special Issue: Product Development by Set-Based Design Method II


解説/Explanations

セットベース設計手法に関する実態調査(セットベース設計とポイントベース設計は,何が本質的に違うのか)
A Survey of Set-based Design Method (What Differs Between Set-based and Point-based Designs?)
石川 晴雄 (Haruo ISHIKAWA),加藤 健郎 (Takeo KATO), 419

データ駆動型セットベース設計法と複合領域最適化問題への応用
Data-Driven Set-Based Design Method and Applications to Multi-Disciplinary Design Optimization
新谷 浩平 (Kohei SHINTANI),427

セットベースドデザインによるロケットエンジン開発事例
Applying Set Based Design Method to Development of a Rocket Engine
永島 史悠 (Fumihisa NAGASHIMA) ,石原 新史 (Shinji ISHIHARA) ,森 初男 (Hatsuo MORI) ,435

セットベース設計手法のアップグレード製品設計への適用(副作用への対応とアップグレード計画の策定)
Application of Set-Based Design Method to Upgradable Product Design (Preparation for Side Effects and Planning for Upgrades)
山田 周歩 (Shuho YAMADA) ,井上 全人 (Masato INOUE) ,441


論文(J-STAGEに掲載)/Papers (Published in J-STAGE)

Instrument for Scanning Whole Surface of Object and Shape of Space around Instrument Simultaneously Using Two-Dimensional Laser Range Scanner and Mirrors
Mitsuhiro MATSUMOTO, 447

5軸マシニングセンタで創成されるリブ補強された小型高強度スパイラルベベルギヤにおけるリブ部応力の考察
Investigation of Stress Distribution around Rib Part for a Small and High-Strength Spiral Bevel Gear with Rib Part Fabricated using Five-Axis Controlled Machining Center
齊藤 雅博 (Masahiro SAITO),豊田 真也 (Shinya TOYOTA),廣垣 俊樹 (Toshiki HIROGAKI), 青山 栄一 (Eiichi AOYAMA), 463